たった71円で2週間何でも読み放題!

index

【海賊とよばれた男】の紹介です。

1
こんにちは。
本日は、昨年の2016年に映画公開された海賊とよばれた男
という作品の紹介です。

なんで今頃??って思われた方もいるかと思いますが、
理由は後半で公開します♪

海賊と呼ばれた男の
内容はこちらです(Wikipediaより)
----------------------------------------------------------------------------------------
1945年(昭和20年)8月15日。世界中を敵に回した、日本の戦争は終わった。
東京をはじめとした主要都市は徹底的に爆撃されて瓦礫の山となり、
海外資産のすべてを失って莫大な賠償金が課せられようとしていた。
これから日本はどうなっていくのだろうかと、
全員が途方に暮れて失意に包まれているとき、毅然と店員を集めて話す男がいた。
国岡商会の国岡鐡造店主である。

わずかに残った店員を前に、鐡造は「愚痴をやめよ、愚痴は泣きごとである。亡国の声である」
「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからと言って、大国民の誇りを失ってはならない。
すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る」と訓示を述べた。
だが、失望から立ち直り武者震いする店員たちに、
売るべき商品「石油」がそもそもないという現実が襲いかかる。「店主、このままでは、国岡商店は潰れます。涙を呑んで人員整理を」という進言に、
鐡造は「馘首はならん!」と解雇を断固拒否する。
戦後、住処も食糧事情もままならない情勢下で、日本の復興に向かって闘う男たちの物語が始まった。
----------------------------------------------------------------------------------------

といった。実際に存在していた人物、
出光興産創業者の出光佐三をモデルにした作品です。

映画では、
ジャニーズの岡田准一さんや女優の綾瀬はるかさんなどの、
超一流俳優さんを起用し映画化されました。

戦後日本の激動な時代に前を向き国岡鐡造の熱過ぎる生き様を見事過ぎるぐらい、
描き切った作品です。

どんな逆境でも男らしく信念を貫き、反骨精神で海外資本の会社と渡りあり、
従業員を家族同然に扱い絶対に見捨てない。

働く人なら誰でも付いていきたくなる男の中の生き方に胸が熱くなります。

熱い気持ちの熱量が足りていない人にはとてもオススメの作品です。

なぜ、今回紹介したかと言いますと、

あの天才将棋士で有名な羽生善治さんを破った
現役中学生の藤井聡太さんが最も面白かった本で、
この「海賊と呼ばれた男」が第1位だったんです。

ナナイチには、漫画と小説の両方公開されています。
天才中学生将棋士の藤井聡太さんオススメの作品をあなたの読みやすい種類で読んで見てください。

漫画:海賊とよばれた男 1巻

小説:海賊と呼ばれた男 上巻


会員でなくても無料で試し読みが出来ます♪

会員登録はこちら

なないち漫画館は、会員登録していたら、最新の週刊誌や漫画、ビジネス書から写真集まで、
あらゆる電子書籍が全て読み放題です。
試し読みも可能です。

さらに通常の販売価格よりの7割引きでZIPファイルでお届けも出来ます。

会員登録はこちら