月額710円で漫画読み放題&全商品7割引でDL│ナナイチオフィシャルブログ

週刊マンガや単行本の最新作から懐かしの名作まで完全網羅。ありとあらゆる本、雑誌が月額710円で何でも読み放題のナナイチのオフィシャルブログです。おすすめ割引情報や、無料ダウンロードの紹介など、役立つ情報を日々更新しています。

読み放題おすすめマンガ〜BLUE GIANT~


bluegiant51

こんにちは。本日紹介する作品はJAZZを題材にした作品の
「BLUE GIANT」(ブルージャイアント)です。

音楽漫画は、のだめカンタービレやBECKなど映画化されたりするイメージがあります。

ちなみに今回紹介しているBLUE GIANTは、
JAZZを題材にした漫画です。

ではさっそく、作品のあらすじをお伝えしますね♪
------------------------------------------------------
宮城県仙台市に住む主人公の高校生・宮本大はまっすぐな性格の持ち主だが、
将来なにをしたいのか分からず学生生活を送っていた。
ある日聞いたジャズの曲に興味をひかれ、初めてのライブハウスでのジャズ演奏を目の当たりにして、
サックスプレーヤーを目指す。
------------------------------------------------------
といった内容です。
舞台が宮城県仙台市なので、宮城県民はほとんどの人が読んでいるかもしれませんね♪

なんでも作者の石塚真一さんの担当編集者が仙台市出身であることに加え、
色々と取材した結果、JAZZが仙台に浸透していると実感出来たからのようです。

なんでも、
定禅寺ストリートジャズフェスティバル
と呼ばれるJAZZフェスが1991年から開催されているようです。

仙台が舞台になるのは納得しますね。

私の個人的な感想なんですが、
学生時代というのは人生の中で最も音楽を聴くことが多い気がします。
何か曲を聴いただけで当時のことを思い出したりします。

あなたの青春時代と見比べながら自己投影しながら読むのも面白いと思います。

この作品は音楽に対する情熱もそうですが、
私の周りでも読んだ人は大絶賛している作品の一つでもあります。
ただの音楽漫画でなく、それぞれの人間関係などがとにかく熱いので、
どんどん作品にのめり込んでしまいます。

現在もビックコミックで連載中の作品ですので、
ビックコミックを待つ楽しみもあるし、単行本で一気に読んでしまうのもありです。

是非一度読んで見てください。
漫画は本当に面白いですね♪

なないち漫画館は、会員登録していたら、最新の週刊誌や漫画が読み放題です。
試し読みも可能です。

会員登録はこちら



 

読み放題おすすめマンガ〜双亡亭壊すべし~


soubou001a

こんにちは。本日紹介する作品は、
「双亡亭壊すべし」(そうぼうてい こわすべし)です。
何とも声に出して呼んでしまうタイトルですね。

果たして、どのような内容の作品なんでしょうか。
その内容は(Wikipediaより)
----------------------------------------------------------------------
東京都豊島区の沼半井町(ぬまなからいちょう)にある幽霊屋敷「双亡亭」は、
行方不明者が出るなど奇妙なうわさが付きまとっている。
そんなある日、絵本作家を志望する凧葉務は双亡亭の一角に引っ越してきた少年・立木緑朗と知り合うが、
その日の晩に緑朗の父の死亡事件が起こる。
さらに政府による双亡亭に対する空爆が実施され一帯は炎と黒煙に包まれるが、
屋敷は無傷のままだった。
こうした状況の中、凧葉は45年前に旅客機に乗ったまま行方不明となっていた謎の少年・凧葉青一や、
緑朗の姉で刀巫覡(かたなふげき)の柘植紅と出会う。

空爆に失敗した総理大臣の斯波敦は対超常現象のプロを集めた上での「双亡亭破壊プロジェクト」を実施することを決め、莫大な報奨金をかける。
これに凧葉や紅らも加わることとなり屋敷内に潜入を果たすが、
壁に飾られた自身の肖像画に次々と取り込まれてしまう。
一方、緑朗と青一は斯波総理に呼び出され総理大臣官邸へと向かうと、
双亡亭にまつわる秘密を聞かされるのだった。
----------------------------------------------------------------------
というような内容です。

なんと、国を挙げて幽霊屋敷「双亡亭」を空爆するにも関わらず無傷の屋敷とは一体どんな屋敷????
空爆出来ない幽霊屋敷。
その秘密は何でしょうね。

都市伝説的なやつが好きな私はどうしても気になってしまいます。

その秘密だけでも知ってみたい・・・。

現在、「双亡亭壊すべし」は週刊少年サンデーで連載中の漫画で、
作者はなんと「うしおととら」の藤田和日郎さんです。

しかも、この作品はyoutubeで作品紹介されているほどの期待作です。


まずは、第1話だけでも読んで見てください。
とてもとても面白いです。
一気に読みたい内容になっているので、
連載されている内容を毎週チェックするか、それとも完結して一気に読みたいか。
あなたはどちらのタイプですか?

もちろんなないち漫画館では、週刊少年サンデーの最新号も定額で全て読み放題です。
鬼才・藤田和日郎の作品です。
ワクワクする面白さをあなたも体感してください♪

 

読み放題おすすめマンガ〜波よ聞いてくれ~


_SX348_BO1,204,203,200_

こんにちは。今日は現在も連載中の作品を紹介したいと思います。
その名も「波よ聞いてくれ」
舞台は北海道。北海道といえばなぜか大泉洋さんを思い出してしまうのは私だけでしょうか(笑)

では、その内容は(Wikipediaより)
----------------------------------------------------------------------
本作品の主人公・鼓田ミナレは、ある日、飲み屋で知り合った麻藤兼嗣という男性に、
自身の失恋について愚痴る。

翌日、職場であるスープカレー屋「VOYAGER」に出社したミナレは、
店のラジオから自身の失恋話が流れているのを聞き、血相を変えてラジオ局に駆けつける。
実は、麻藤はFMラジオ放送局・藻岩山ラジオ局のディレクターで、密かにミナレの話を録音し、
それを自身の担当番組で流していたのだった。
ミナレは失恋話を流すことを止めるよう麻藤に要求するが、
麻藤からその穴埋めとして喋ることを求められ、
番組でアドリブトークを披露することになる。

一連の出来事を通じて、ミナレは麻藤からラジオパーソナリティとして活動するよう誘われるが、
一方で「VOYAGER」の店長から解雇を言い渡されてしまう。
店の後輩・中原忠也は、ミナレに店に戻ってくるよう説得するが、そんな折、店長が交通事故に遭い、「VOYAGER」は人手不足に陥る。
この事態を受けて、ミナレは「VOYAGER」に復帰する。
同時に、交通事故を起こした加害者の妹・城華マキエも、身内が迷惑をかけたお詫びとして店で働き始めるが、マキエは中原との距離を急速に縮め、それを見たミナレはイラつくようになる。
そんな中、ミナレのもとに麻藤から連絡が入り、
ミナレの冠番組「鼓田ミナレの『波よ聞いてくれ』」の放送が決まったことが伝えられる。

『波よ聞いてくれ』第1回では、
ミナレが「自分を裏切った男を殺した女」を演じるという設定で架空実況が行われ、
第2回では「自分を裏切った男を殺して埋葬する」という内容のオーディオドラマが放送される。
そして、ミナレの隣人から届いたFAXがきっかけで発生した騒動を経て、
『波よ聞いてくれ』は「失敗を挽回したい人間が集う人生リハビリ番組」という方向性で固まることになる。
----------------------------------------------------------------------
というような内容です。

ちょっと長い内容紹介ではありますが、
ひょんなことから巻き込まれた主人公がラジオの世界でのし上がる!?
的な作品です。

さらにはセリフ回しなどのボキャブラリーが豊富だし、
小ネタも多くあり、さらにはラジオ業界はこんな業界なんだ。
ともわかる作品になっています。

話のテンポも物凄くいいので、あっという間に1巻を読み終わります。
女性だけでなく、男性にも老若男女問わずウケる作品です。

現在は3巻まで発刊されていますが、
なないちの読み放題会員になれば、無料で全巻読むことが出来ます。

大衆受けする「波よ聞いてくれ」はキャラクターの濃さも物凄くあり、
サクッと読めます。
まだ3巻しか発刊されていませんので、一気にサクッと読んでみてはいかがでしょうか。
ギャラリー
  • 大人気連載漫画の読み放題案内 -ワールドトリガー-
  • 大人気連載漫画の読み放題案内 -ハイキュー!!-
  • 無料読み放題紹介-おぼっちゃまくん-
  • 高評価のオススメ漫画紹介-恋は雨上がりのように- 読み放題の案内
  • 無料 おすすめ作品紹介-中間管理録トネガワ- 「このマンガがすごい」ランキング 男性1位
  • ナナイチ新刊紹介 〜2017年1月9日更新〜
  • ナナイチ新刊紹介 〜2017年1月9日更新〜
  • ナナイチ新刊紹介 〜2017年1月9日更新〜
  • ナナイチ新刊紹介 〜2017年1月9日更新〜
公式Twitter
記事検索
  • ライブドアブログ